千歳市郊外のお店 花茶でジェラートを食べよう!かわいいポニーもいるよ

旅行情報雑誌じゃらんによく掲載される花茶です。

ジェラートが載っているのでそれしかないと思われがちですが、レストランもあります。

食材にこだわったメニューがそろっているので、小腹が空いたときのおやつだけでなくしっかりランチでお腹も満足。

広大な自然やかわいいポニーなど食以外にも楽しめる花茶。

ドライブのときに寄ってみませんか。

花茶は自家製のこだわり

「地産地消」という言葉があります。地元で採れたものを地元で消費するということです。

花茶は千歳市にあるということで「千産千消」です。千歳市で採れたものを千歳市で消費します。

もっと言うと花茶の農園で採れたものを花茶の農園で消費しています。農園で採れないものは千歳市ないで採れたものを使います。

こういうこだわりが花茶にあります。

花茶農園でとれた新鮮な食材が魅力

出典:花茶ホームページ

花茶農園から採ったもの、地元の千歳市泉郷の農家で採ったもの、花茶では地元産のものにこだわってジェラートやパスタなどを作っています。

野菜などの直売も行っているので、おいしい野菜を家でも食べましょう。

おいしいジェラート、そしておいしいピッツァ

画像はイメージです

ジェラートを食べるのが目的ならお店に入ったら食券を買いましょう。

食券はジェラートの種類を選ぶものではありません。。カップかコーンか、タブルかシングルかを選べます。

ジェラート
シングル⇒350円
ダブル⇒430円
ソフトクリーム⇒350円
ソフト&アイス⇒440円

お店に入って奥へ進むと食事ができます。

レストランはピッツァがおすすめ。

本場ナポリで修行したオーナーが石窯で焼く本格ピッツァ。

もちもちパリパリの味を楽しんでください。

食べたいものがいっぱいあって困る

ジェラートは自家栽培の野菜やフルーツを使ったものがたくさんあります。

実際に食べた上のかぼちゃのジェラートも花茶農園で採れたかぼちゃを使用しています。

牛乳は北海道の牧草を食べて北海道で育った道産の牛から採れる絞りたてのもの。

全部で12種類の味があってなかなか決められません。

まだあるお食事メニュー

レストランで食べられるのはピッツァだけではありません。

パスタや手打ち蕎麦、カレー、プレート、サイドメニューなど満腹になるものがいっぱいです。

ピッツァ

全12種類でMサイズとLサイズがあります。

Mサイズ⇒680円~1,150円
Lサイズ⇒980円~1,980円

パスタ

旬の野菜とこだわりのオリーブオイルで仕上げたパスタです。全部で3種類あります。

720円~1,050円

カレー

カレーは5種類あります。とろとろに煮込まれた玉ねぎと人参のおかけで甘味のある食べやすいものに成っています。

720円~1,050円

手打ち蕎麦

こだわりの手打ち蕎麦は3種類で数量限定です。

木、金、土、日、祝日のみの提供なので食べたいときは予定を合わせましょう。

640円~830円

イチゴ狩りもできるよ

画像はイメージです

今年(2019年)はもう終わってしまいましたが、毎年6月から7月の期間イチゴ狩りができます。

期間が短いのでなかなか行けないかもしれませんが、タイミングが合えば行ってみましょう。

自然が相手ということで突然中止になることもあります。採れるイチゴがなくなれば終了ということもあります。

事前に確認することをおすすめします。イチゴ狩りがついでなら問題ないですね。

電話番号:0123-29-2888
時間 9:00~16:00(実がなくなりしだい終了)
6歳以上 800円
3~5歳 400円
3歳未満 無料
持ち帰り 120円/100g

営業時間とアクセス

営業時間:10時~18時
定休日:火曜日

花茶で食べて、ポニーを見て、景色に癒されよう

花茶は周辺より少し高いところにあります。

広大な農園とその奥の景色は絶景です。天気のいい日には写真を撮りたい欲があふれてくるでしょう。

レストランから少し離れたところにはポニーもいます。かわいいポニーとの対面も楽しみのひとつです。

花茶は千歳市内からは離れているのでなかなか立ち寄るのも難しいかもしれません。

千歳市から長沼方面へ行くときなどは通りやすい道だと思うのでそのときに寄ってみるといいでしょう。

ジェラートもピッツァもなんでも食べたくなる花茶で癒しのランチを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA